赤パンツを健康に取り入れる

巣鴨で数年前からブームとなっている赤パンツ。赤パンツを調べると、キーワードに健康が出てくる事も多く、赤パンツ健康法という言葉まで生まれています。人々は赤パンツにどのような効果を期待しているのでしょうか。カラーセラピーから見る赤色と、下着にする意味をスピリチュアルな観点からご紹介します。

▶︎赤色は、温かさを感じる色

赤,情熱,カラーセラピー,スピリチュアル,暖色赤色に温かみを感じるのは、視覚が体に影響を与えているというデータがあります。赤と青の部屋にそれぞれ入室してもらい、それぞれの体感温度を調べた実験があります。部屋に入った人の体感温度は、寒色より暖色の方が3度高く感じたそうです。

赤い部屋にいた人は筋肉が収縮し、呼吸や脈拍が上がり、体が活動状態になりました。赤色を見ると熱いものや温かいものを想像するのは、実際の体温が上がったり血の巡りが良くなる事から、イメージに繋がっていると言えます。(東洋大学教授 野村順一氏『インテリアの色に影響される血圧・脈拍の実験』より)

▶︎赤パンツと健康の関係

スピリチュアルに体を見ていくと、ヘソの下や尾骶骨の付近に最も人間のパワーが集中しています。人間の健康を左右する臓器が集中しているからと考えられているからです。内臓が冷えてしまうと、体や心に影響を及ぼす事があります。

赤パンツは下着本来の下半身を守るだけでなく、赤色の視覚効果で血圧・脈拍を上昇させて体温を上げる可能性を秘めています。赤色のパンツは、気持ちが晴れない時に穿いてみるのもひとつです。

▶︎赤パンツは縁起物としても好まれる

神社,赤,縁起物,スピリチュアル,魔除け心から元気になる赤パンツは、縁起物としてプレゼントにも好まれます。特に、年末年始に申赤(サルアカ)としてプレゼントされる事が多いです。神社の鳥居にも使用されるように、赤は魔除けの効果があると言い伝えられています。

赤パンツを穿くと災いが去ると考えられています。動物の猿のお尻が赤いことから、申年と掛けて、申年に赤パンツを穿くとより元気に過ごす事ができると言われています。願を懸ける気持ちで赤パンツを穿いてみるのも良いでしょう。

▶︎赤パンツで運気をプラス!

赤パンツは気持ちを前向きにする効果が期待されます。パフォーマンスを最大限に発揮したい時は、ゲン担ぎで穿いてみると気持ちが晴れやかになるかも知れません。赤パンツを穿くなら赤パンツ専門店のザミラ!公式通販で買うこともできますが、お取扱い店舗にてお買い求め頂く事も可能です。ぜひ1度、履き心地を体感して下さい。

ザミラの赤パンツが
オススメな理由

締め付け感ゼロの超伸縮性!S~3XLまで対応

ザミラの赤パンツは長伸縮性のため、いつでもピッタリのフリーサイズ。縫い目が少なくゴムのない仕様のため、擦れて痛みが生じたり、ゴムによる締め付けもおきません。

履くための前後がない

履くための前後がないので、お手に取ったそのままの状態で履く事ができます。前後がないので「いつでも前向き」という願いも込めています。

当店は赤パンツ専門店です

多色のパンツは取り扱っておりません。赤パンツには人を元気にする力があると信じてひたすら赤パンツだけを販売しております。多色には浮気せず、赤パンツ一筋で勝負します。

公式通販 https://www.zamila.jp/

お取り扱い店舗一覧 https://www.zamila.jp/pages/shop